えゐちの玉屋生活
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< リアクション。 | main | 秋空。 >>
ボタニカルストーン。
布モノ作家
ペーパークラフト作家
刺繍作家
そしてフラワーアーティスト。

ここ数年で
そんなジャンルの作家さん達と
親しくお付き合いさせて頂いています。

彼女たちの作品の中でも特に
アタシが魅力的に感じる作品には
ボタニカルなモチーフが
ふんだんに使われていて
多分そんな影響もあって
こんな石が目に留まりました。



『デンドリティック・ジャスパー』
(『デンドライト・ジャスパー』とも)
という名をもつこの石は
植物化石ではなく
ベースとなる鉱物の中に
鉄やマンガンなどの
金属イオンを含んだ液が侵入し
結晶化することで出来るのだそう。

身近に目にできるところでは
寒い日の窓にできる霜の結晶も
同じ原理なのだとか。

「デンドリティック・クォーツ」
「デンドリティック・アゲート」
「デンドリティック・ジャスパー」
などがよく知られていて
景色の美しい絵画のような石は特に
「ピクチャークォーツ
(アゲート/ジャスパー)」
「ランドスケープクォーツ
(アゲート/ジャスパー)」
などともと呼ばれています。

自然現象でできるこのフラクタル
デンドライト(dendrite)の語源は
ギリシャ語で『樹』を意味する
デンドロン(dendron)。

ワックスコードで縁取って
ブローチにしたらステキかな
と思っています。