えゐちの玉屋生活
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ピンクシラー。


これまでブルーシラーや
イエローシラーのラブラドライトは
たくさん扱ってきました。

いろんな鉱物展で見かけていたけど
なかなか気に入ったものがなかった
ピンクシラーのラブラドライト。

やっと手に入れた一つ。
長いことどんな風にするか
眺めては仕舞い眺めては仕舞い。

次回の新作でブレスレットにしてお出しします。

玉屋えゐち
http://ewichi.ocnk.net/
スモーキークォーツ。


フロストのスモーキークォーツポイントをゲット。
淡いスモーキークォーツに濃いグラデーション。
ファントムになっているのも。



ファントムクォーツというのは
「幽霊水晶」とか「幻影水晶」と呼ばれる
石の中に年輪のように石の成長の過程が見える水晶のこと。

この成長の過程に
他の鉱物が入り込んだり
温度変化の影響を受けたりして
いろんな景色や色が形成されて
世界に一つの石に。

結構長さのある
スマートな石が多いからネックレスかな。

玉屋えゐち
http://ewichi.ocnk.net/
クリソコラとスーパーセブン。


クリソコラのネックレス。




アメジストからスモーキークォーツへの
グラデーションが美しいスーパーセブン。

2019/02/25にリリース予定です。

玉屋えゐち
http://ewichi.ocnk.net/
クリスタルポイント。


クリスタルポイントのキーリング。

今日は満月そしてスーパームーンだそうで。
スーパームーンは強すぎてちょっと苦手…。
気持ちと動きがうまく噛み合わないことが多いので
もう諦めて大抵美味しいもの作って
美味しいお酒用意して
猫を撫でくりまわして過ごします。

今回はたまたま玉屋の製作時間に当たっているので
いつも以上に
焦らない無理強いしないと呟きながら
のんびり製作しています。

作り置いていたクリスタルポイント。
ネックレスも考えたけど
小ぶりだしこの軽さが合うかもと
キーリングにお作りしました。 クリスタルポイントこそ
未加工で一つとして同じ形のない
ザ・天然石。




大きなもの小さなものも
ザクザクと大きなケースにまとめられて
ドカンと置かれた中から一つ一つ選んで
持ち帰ってきたヒマラヤ産の水晶の結晶です。

新作は2019/02/25にリリース予定です。
玉屋えゐち
http://ewichi.ocnk.net/

このほかには、スーパーセブンのネックレス
大人気のクリソコラのネックレスとブレスレット
などをお出しできればと思っています。
楽しみにしていてください♪
カラーバリエーション。


レモン×スモーキークォーツのブレスレット。
金古美色のメタルビーズをガッツリ効かせて。




ローズクォーツのブレスレット。
ふんわり優しい色合いで。


玉屋えゐち http://ewichi.ocnk.net/
ルチルクォーツのネックレス。


ルチルクォーツとガーネットのネックレス。
シルバーとホワイトゴールドと
ブラウンとレッドのルチルが
絶妙なグラデーションで行き交うクォーツ。
真紅のガーネットにカレンシルバーを添えて。




ルチルクォーツと黒翡翠のネックレス。
ピンクがかったシルバーと
ホワイトゴールドの
繊細なルチルが舞うクォーツ。
ミャンマー産の黒翡翠を添えて。

玉屋えゐち http://ewichi.ocnk.net/
睦月の石・水晶。




玉屋えゐち・睦月は水晶特集。
ということでルチルクォーツ三昧。

ゴールドルチル、シルバールチル、
ブラウンルチルの丸玉に
カレンシルバーを合わせたブレスレット。

0.5mmのワックスコードは
それぞれのブレスレットに3色使っています。

最近ちょっと色合わせが
思い通りに出来るようになってきたかな。

トータルで10本くらい
作れるといいんだけど、どうかなー。

玉屋えゐち http://ewichi.ocnk.net/
原点の石。
2018年のChristmas Special
たくさんの方にお越し頂きお求め頂き
誠にありがとうございました。

新作をたくさんお求め頂いて
寡作だった今年を振り返り
2019年のChristmas Specialではもっと
皆さんにお楽しみいただける新作を
一年を通してお届けして
年末のこの玉屋のお祭りをもっと盛り上げられるよう
製作に励みたいと思いを新たにしています。


さて新年2019年最初の新作について。

先日お気に入りのBARに赴いたところ
『ロイヤルロッホナガー』という
英国王室御用達のスコットランドの
シングルモルトウィスキーを頂く機会がありました。



マスター曰く
「エドワード王が味の指導をして
それから100年以上味を変えていないお酒」
とのこと。



バーテンダーさんたちは
この変わらないお酒を基準として
様々なお酒の変化を計っているのだとか。

このお酒が置いていないBARは
BARとしてちょっとどうなのか
という目安にさえなるそうです。



たとえばそれは石ならば
水晶なのかなと思います。

水晶は様々な鉱物との親和性もあって
色にしても内包物にしても
たくさんのバリエーションがあります。

スモーキークォーツ、ローズクォーツなど
石そのものが色を変えたり
スーパーセブンやホーランダイトインクォーツなどの
美しい景色になる内包物があったり。

そして時々フッと
「…ていうか、こんな透明でキラキラした石が
歩いてる足元とかにあったら
めっちゃ感動するし!」
とシンプルに思ったりするのが
水晶の結晶だったりします。

そんな水晶を石の原点として
2019年最初の新作は1月20日に
水晶を広く特集してみようと思っています。


今年も一年
変わらぬご愛顧いただきました皆さまに
心からの愛と感謝を。

どうぞみなさま
穏やかで安らかな
年末年始を過ごされますように。

玉屋えゐち
http://ewichi.ocnk.net/
LINE@ID: tamaya_ewichi


ただいま。おかえり。




ゴールドルチルクォーツとサンストーン
天然本水晶のスクリューカットと
ホワイトラブラドライトのブレスレット。

話題のあの純愛ドラマに大いにハマりました。

ゴールドルチルクォーツとサンストーンは牧凌太。
スクリューカットの天然本水晶とホワイトラブラドライトは春田創一。

プロポーズしてギューっと抱きしめあったところを玉屋的に。

10年。

誕生日も記念日的な日も冬や春だから
一つくらい夏の記念日があるといいなと
玉屋のスタートの日にしたのが海の日でした。
当時の海の日は7月20日。


2018年7月20日で玉屋はマルマル10年です。
「とにかく10年、やってみよう。」
たくさん新作を出せた時も
寡作の今も
状況や環境に悩む時も
不思議と創る気持ちには
大きな変化はありません。


いつも創りたいものがあって
いつでも楽しい。

その芯のところは10年経った今も
不思議なくらい変わりません。


ネットショップなのに随分と
アナログ感満載の玉屋えゐちですが
アタシの手が動かせる間の一生は
やっていこうと思っているので
その時、その時代の自分が
玉屋えゐちであればいいかな
というくらいの
静かで楽な呼吸で
続けていきたいと思っています。

今創りためている新作が
納得の行くところまで出来たらまた
10周年のスペシャル企画で
お届けしたいと思っています。

今年いっぱい、10周年、くらいで
お待ちいただけたら嬉しいです。

いつも柔らかく優しく
玉屋えゐちとお付き合いくださっている皆様に
心からの愛と感謝を。


これからもどうぞ玉屋えゐちを末永く。