えゐちの玉屋生活
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017/04/25 release 5items
ブレスレット5点の新作です。





















世界デビュー。

と言うのは大袈裟ですが。


『Etsy』にも玉屋を出店してみました。
https://www.etsy.com/shop/tamayaewichi

Instagramで海外の方から
「サイトが日本語で読めない〜」
というコメントを
しばしば頂いたりしていたので
そんなのもキッカケかなと
いろいろなんちゃってですが
とにかく始めてみました。
2017/03/28 release 5items

ゴールドルチルクォーツのペンダントトップ。


ラピスラズリとアメジストポイントのペンダントトップ。


クォーツ、ローズアメジスト、パープルフローライトのブレスレット。


ローズアメジストのブレスレット。


スリーピングビューティーの原石と紅珊瑚のブレスレット。
新作は3月28日に。


24日とご案内していた新作リリース
28日に変更します。
いろいろ無駄に込み入ったことや
なんだか試作とか
のんびりやっております。
どうぞよろしくお願い致します。
2017/02/28 release 7items.

ローズクォーツとクリスタルポイントのペンダントトップ。


ホワイトアゲートとローズクォーツのペンダントトップ。


デンドリティック・ジャスパーのペンダントトップ。


ホワイトラブラドライトとクリスタルポイントのペンダントトップ。


ホワイトラブラドライトと
ケープアメジストのブレスレット
カレンシルバーの花を添えて。

ブルートパーズ、グリーンフローライト、パープルフローライト、ラベンダーアメジストのブレスレット。



レモン×スモーキークォーツのリング。
以上7点新作です。
お越しをおまちしております。

オプション。
今回の新作は
ペンダントトップのみの販売で
ご希望でネックレスにする編み紐を
オプションとしてお選び頂いています。

すでにお求めいただいた2作品は
どちらも編み紐のオプションを
ご希望いただきお創りしました。







編み紐のエンド部分の飾りは
トップの石とデザインに合わせて
全て違うカタチをお届けしています。
参考にしていただけましたら幸いです。
2017/01/30 release items.


新作リリース致しました。

ペンダントトップ7点です。
ピンブローチや
お着物アクセサリーの根付など
お求めいただく方のアイデア次第で
色々にお楽しみいただけます。

オプションでネックレスにも仕立てます。

皆さまのお越しをお待ちしております。
手が疼く。
東京ビッグサイトで開催された
日本最大という国際宝飾展で
イロイロな石を見つけて来ました。


クォーツの中に瑪瑙の花。


雪山に上がる花火を墨絵で描いたようなスノーアゲート。


珊瑚の化石、フォシルコーラル。


絵画のようなジャスパー。


双子のようなルビー・イン・フックサイトとルビー・イン・グラニット。
クロム雲母に覗くルビーと、花崗岩に覗くルビーの競演。


原石を磨いたままのラリマー。


母石のついたダイオプテーズ。



紫のグラデーションが美しいフローライト。

どんな玉屋物になってくれるのか
今からワクワクです。
beyond human wisdom
ここ数年は生まれ故郷の信州で活躍するさまざまなクリエイターさんたちと知己を得ることができ、有難いことにそのお付き合いはさらに広がっています。

きっかけは2014年の5月に松本で麹種のパン工房を構えている妹の優に、クラフトパーティーに参加しないかと誘われたことでした。

5月の松本は『工芸の五月』と呼ばれ、最大のイベント『クラフトフェアまつもと』を中心に大小さまざまなクラフト関連のイベントに沸く一ヶ月です。

そこでお会いした中に『ちょっと寄り道英会話』のチカさんがいらっしゃいました。

玉屋が参加したクラフトパーティーで 玉屋をインタビューしてくださり接客英語としてそのインタビューを翻訳してくださいました。ネイティブチェックも入れてくださって今回その翻訳文を送ってくださったのでした。



You can get any stones you’d like.
Some say each kind of crystal has a meaning.
But that’s not the case.
It’s something beyond human wisdom.

私は常々、長い時間をかけて生まれてくる地球の石のエネルギーが、人間が意味づけた効能のような範囲で収まるわけがない、と思っていて、そのことは玉屋のプロフィールページにも書かせていただいています。有難いのことにその部分にシンパシーを感じて長く玉屋物のファンでいて下さるお客様も多くいらっしゃいます。

自分の感じる力を信じる。玉屋は創る私もお求め下さる皆さんも、この部分で繋がっているといっても過言ではありません。

インタビューのなかで私の大切にしたい核心をきちんと捉えてくださったチカさん。年の始まりにとても大きな『gift』をいただきました。

2017年も玉屋えゐちをどうぞよろしくお願い致します。

玉屋えゐち
http://ewichi.ocnk.net/
安らかな、良いお年を。
冬至から新月と
すでに新しい年の
パワフルな雰囲気の中
今年もあとわずか。

玉屋はこれまでで最も
寡作な一年でした。

それでも少しずつ少しずつ
道具を扱い
素材を吟味して
自分の手技を上げられるように
それだけは続けていました。

寡作ではありましたが
納得できた玉屋物だけを
お届けできたと思っています。

夏にお話をいただいて
少しずつ準備を重ねて
12月に初めての
ワークショップも
開催できました。












一歩ずつ
少しずつでも。

いつもお付き合いくださる
玉屋を見守ってくださる
全ての皆さんに愛と感謝を。

今年も一年
ありがとうございました。
どうぞお心安らかに
良いお年をお迎えくださいますように。