えゐちの玉屋生活
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
八面体結晶。


ちょっと遊び的なことも含めて
やってみたいことがあって
フローライトの原石を大量に入手。

近々、ブルージョンのフローライトも
『custom made』の石としてご紹介予定です。

玉屋えゐち 『custom made』



【フローライト/fluorite(和名・蛍石)】

カルシウムのフッ化物で、明瞭な結晶形を示し、多様な色調を持って産出する。フローライトの由来は「流れる」を意味するラテン語fluereで、金属を精錬するときのフラックス(融剤)として用いた時に容易に融けることに由来している。

蛍石はフッ素の原料鉱物であり、フッ素は水への添加剤にするほかにもフライパンなどの汚れ・固着防止のためにテフロンコーティングを作るためにも使われる。

蛍石は色調が変化に富み濃いこと、一つの標本に何種類もの色調が現れること、色が累帯配列(不連続の帯状構造)したり、斑点状の分布を示すことなどのために飾り石として人気が高い。古代エジプト人は彫像の中に用いたりスカラベの彫刻に用いていた。

紫、白、黄色が縞模様を作っているフローライトは「ブルージョン」と呼ばれている。この名称は“青黄色”を意味するフランス語「bluejaune」が縮まったもの。ブルージョンの主要な産地はイギリス・ダービシャーのキャッスルトンで、そこでの鉱脈の色の配列には14種類のパターンがあり、ローマ時代に最初に採掘され容器に加工された…

参考文献
『ROCK and GEN 岩石と宝石の大図鑑』
青木正博・訳/誠文堂新光社

壁画のカケラ。


壁画のカケラのようなクリソコラ。
ミュシャ的でもあり。



裏は未加工。
本当に石なんだなぁと
不思議な気持ち。

見つけた石を
磨いたら綺麗なんじゃないかと
磨いた最初の人
凄いと思う。

玉屋えゐち『custom made』
2019/04/26 release items






一度チョーカーでお出ししたクリソコラをどうしても
ブレスレットにしたくなってリメイクしました。





横幅15mmの小粒ながら
どの角度からもブルーシラーが
美しく輝くホワイトラブラドライトを
鎖骨ライン付近のデコルテを飾るネックレスに。



クォーツポイントと
ファントムスモーキークォーツポイントをキーリングに。

その他custom madeでお創りする石6点をご紹介します。

2019/04/26リリースです。
玉屋えゐち
http://ewichi.ocnk.net/
custom made の頁。
玉屋で新しく始める『custom made』のページができました。



『custom made』

これからお届けする石を随時アップしていきます。
皆さんのとっておきの石が見つかりますように。

玉屋えゐち
http://ewichi.ocnk.net/
出会う、という浄化。
同郷のフォトグラファー・Tさんとの私信の中で、図らずも私が常々感じていることや、玉屋物をお創りしたりお届けしたりする時の気持ちを引き出していただきました。

玉屋とご縁を頂く皆さまにも読んでいただけたらとTさんのご了解を頂き、少し長いのですが、私のTさんへの返信をここに記すことにしました。

…いやいや、皆さんへというよりも、私の初心として、という感じの方が強いかな。



Tさん

この度はクリソコラのブレスレットをお求めいただきありがとうございました。

Tさんがこれまではそれほど気にならなかった玉屋物が今回は気になってお求めいただけたということについて、Tさんの日々の流れと私の作ったブレスレットの波がピッタリ出会えたんだなと、創り手としてなによりも嬉しく思っています。

人にもモノにも起こる出来事にも様々な流れや波があって、その出会いが閃きや発見となって関係性の成長に繋がっていると私は思っているので、今まで気にならなかったことに自分のフォーカスが合ったり、拘っていたことが大したことではなくなっていたり、というのはとても自然な出来事だと思っています。

クリソコラのブレスレットがTさんにお求めいただけることになるまでにも、クリソコラが私と出会い、Tさんと私が出会い、お互いがFacebookをやっていて、クリソコラが玉屋物としてサイトにアップされ、それをTさんがご覧になり。たくさんの緩急の流れと波の高低のなかで起こった素敵な出来事なんだと思います。

『玉屋えゐち』のサイドテーマとしてスタートの時から掲げているメッセージには「あなたの石、お預かりしています。」というものがあるのですが、そこには「出会い」についての私のこうした考え方がベースにあります。今ここにあるもは私だけのものではなくて、どなたかのために一時的に私の手元にあって、私という職人のブラッシュアップを経て、本来のあるべき場所に届けられるもの、というのが玉屋物のカタチなのだと思っているのです。

このことは一般的にいわれる「浄化」ということについて私が感じることにも通じているのですが、そもそも、そうして出会えたもの同士の、その瞬間以上の浄化があるのか?という思いです。

石も人も同じ地球で生まれて存在しているもの同士。私が嬉しい時は石も嬉しい、私が悲しい時にはいつもそばにいてくれる、強く干渉し合うことはないけれど小さく灯った場所でつながりあって一緒にいることそのものがもうすでにお互いの浄化なのではと思うのです。

ですから「浄化」という「石が身につける人のネガティブな要素を吸い取って濁るものを清浄にする」という考え方に疑問をもっているのです。そもそも宇宙的時間の長さの中で存在している石に、たかだか100年生きるのが精一杯の人間のそのネガティブな要素をたとえ吸い取ったとして、その石にいったいどれほどの影響があるのだろう?という疑問でもあります。

浄化ということを考えるのであれば、その石とともに楽しい思い出を積み重ねる、ということが身につける人と身につけられる石の双方にとっての最高の浄化じゃないのか、そういうことのために出会えたのではないのか、とも思うのです。

例えばTさんであれば、その石といっしょに森を歩く、ブレスレットを外して置く時、そのクリソコラを撮ってもっとも美しいと感じる場所に置いておく、そういうことがTさんとその石にとっての「浄化」ということであって、そこに一般的にいわれているどこの誰が言いだしたかわからない「方法」は必要ないのではないでしょうか?

Tさんがそのブレスレットを付けて楽しい時間を過ごす時、その時間を共有する石もその楽しい波の中にいる、私はそういうことで良いように思っています。

クリソコラのブレスレットといっしょにお送りした私の名刺にはこのように書かせていただいています。



You can get any stones you’d like. Some say each kind of crystal has a meaning. But that’s not the case. It’s something beyond human wisdom.

自分がいいと思った石を手に入れればいい。何に効くとか、人が意味付けしているような、石のエネルギーはそういうものじゃない。石は人間の知恵(や思惑)をはるかに超えているものだ。

自分が素敵だと思う石に出会うことができた自分を信じる。そんな「あなたの石」に確かにたどり着ける場所として、玉屋がTさんのお手伝いができたのだとしたらこれほど嬉しいことはありません。どうぞTさんのお好きな、Tさんの感じる感じ方で身につけてそばに置いて頂けたらと思います。

長くなりましたが、最後に。
ワックスコードは経年劣化して使用頻度や癖によっては切れてしまうこともあります。その場合にはパーツや石さえ無事であればリフォームが可能です。いつでもお申し付けくださいませ。

この度は玉屋物をお求めいただきまして誠にありがとうございました。



photo by Tamiko Uchida
Tami Camera

custom made 始めます。


鉱物展を巡ったり
良くしてくださる宝石商さんに
原石の買い付けからお願いしたりして
玉屋に集まってくるとっておきの石たち。

私が玉屋物にしてサイトにリリースしなければ
観ていただく機会のないたくさんの石を
玉屋らしい形で観ていただける機会はないかと
考えるともなしに考えていました。


ある友人の希望で
ブレスレットを創らせてもらうことになり
その経緯がヒントとなって
そうして選んだまだ玉屋物になっていない石を
皆さんにご覧いただいて選んでいただき
ご希望のアイテムにお創りするという
custom madeを始めてみる事にしました。

準備ができましたらまた詳細を
メルマガやブログでご案内いたします。

玉屋のとっておきの石たちが
お一人お一人のとっておきのアクセサリーとなって
お届けできることを目指していこうと思っています。
2019/04/01 release






ラブラドライトのブレスレット。
とっておきのピンクシラー。
玉屋のラブラドライトフリークな皆さんの為に。

たくさんある小さな宝石質の石たちを
小さく埋め込んだり編み込んだり。







モザンビークガーネットとサンストーンのブレスレット。







ピンクカルセドニーとカーネリアン
ラベンダーアメジストのブレスレット。







ターコイズ、マラカイト
ラピスラズリのブレスレット。







フロストスモーキークォーツのペンダントトップ。
カーネリアンを添えて。
ファントムな景色が美しいスモーキークォーツ。
ネックレスにお創りします。

2019/04/01にリリース致します。
玉屋えゐち
http://ewichi.ocnk.net/
ピンクシラー。


これまでブルーシラーや
イエローシラーのラブラドライトは
たくさん扱ってきました。

いろんな鉱物展で見かけていたけど
なかなか気に入ったものがなかった
ピンクシラーのラブラドライト。

やっと手に入れた一つ。
長いことどんな風にするか
眺めては仕舞い眺めては仕舞い。

次回の新作でブレスレットにしてお出しします。

玉屋えゐち
http://ewichi.ocnk.net/
スモーキークォーツ。


フロストのスモーキークォーツポイントをゲット。
淡いスモーキークォーツに濃いグラデーション。
ファントムになっているのも。



ファントムクォーツというのは
「幽霊水晶」とか「幻影水晶」と呼ばれる
石の中に年輪のように石の成長の過程が見える水晶のこと。

この成長の過程に
他の鉱物が入り込んだり
温度変化の影響を受けたりして
いろんな景色や色が形成されて
世界に一つの石に。

結構長さのある
スマートな石が多いからネックレスかな。

玉屋えゐち
http://ewichi.ocnk.net/
海から森へ。




クリソコラのブレスレット。

鮮やかな海から深い森へのグラデーション。

2019/02/25リリースです。
玉屋えゐち http://ewichi.ocnk.net/